2003年完成キルト

2003CS1 クリスマスツリースカート(12/14)1回でTOPだけを作るクラスを取りました。クレイジーキルト風ツリースカートのクラスです。

私は3種類の布しか使わなかったので、パターンの変化がちょっと乏しいような気がします。キルトラインはクレイジー風!?にミシンでかけて見ました。(本当は、最初は中心から外に向けて等分にラインを入れていったのですが、それだけではやはりラインが足りないので適当に入れただけ…なのです)

布はこの3種類です。
ネルの生地を裏布&パイピングに使ったのですが、この彩りがクリスマスぽくって良い感じになったような….

でもぶーちゃんがこの布が好きではないと言うのでうちでは使えず、義母へのクリスマスプレゼントになる予定。

大きさは直径53″(約135cm)です。

この大きさだとうちのツリーには小さ過ぎたので、来年はもっと大きなサイズで作らないと…(^_^;

2003CS2
setsu1 setsu2ポケットティッシュケースとブックカバーを閉じたところです アメリカーナ3点セット(11/26)日本の親友からメールがあり、誕生日プレゼントはポケットティッシュケースにして~とのこと。しかもブルー系統で言う指定つき。
なんでも春に私が日本に帰った時にお土産で渡したハワイアンキルトのポケットティッシュケースをお母さんに取られたからとのこと。
しかし、ポケットティッシュケースだけでは、あまりにもあまりなので、共布で、文庫本カバーと小物入れを作りました。
勿論私のこんな手作りだけでは気が引けるので、Diaryの11/15にUPしている飾りも一緒に送りました。
ポケットティッシュケースにのみ、DMCのCoton Perle#5の黄色い糸で落しキルトの代わりにざくざくとステッチを入れました。ブックカバーは「Oliviaふぁんくらぶ」でご一緒のNaoringさんからレシピを頂き作りました。
Jun0311 バスケット(11/22)ミシンキルトのビギナークラスを取りました。3時間の4回コースで、1つのキルトを仕上げます。
布は、今じゅんが集めたいと思っているBENATEXのDocumentariesと言うシリーズのものです(ただし、赤白のストライプは違います)。
Documentariesは1870年代のリプロダクション(復刻版) です。
出来上がりサイズは32.5″×32.5″(約82角cm)です。
mat ボランティアのためのマットとコースター(10/12)同じくボランティアのための作品です。
なにか日本的なものを…と思っていたら母が送ってくれた招き猫の図案の小さな布があったので、コースターにしました。
マットと同じく裏はとんぼ柄の手ぬぐいをしようしています。
マットの方はキルティングではなく、折り鶴の刺し子をしました。
mat_saちょっと見にくいかな(^_^;
pillow ボランティアのためのピロー(10/12)AMYさんの呼びかけのボランティアキルトに参加しようと作成しました。
タペにするつもりがカットを失敗してしまい、裏が見えないようにとピローにしてしまいました(^_^;
パネル地はMARY ENGELBREITデザインのものを使用しています。
裏はもう1枚のパネルを使いました。pillow_b
Doorwel Welcomeリース(10/01)クロスステッチのところにも載せましたが、一応キルト!?の作品なのでこちらにも…。リネンのまわりにCivil Warのリプロダクションの布を使ってパッチしました。

裏布はModaのCivil Warラインの布の紫を使用しています。

最近、すっかりCivil Warのリプロダクションの布にはまっているで、何かに使ってみたかったのです(^_^;

ちょっと中綿入過ぎかな??

大きさは、4.5×7インチ(約11×18cm)です。

Sue Sueちゃん(10/01)BEEさんが遊びに来られている時に教えていただいたストレートスラッシュキルト。家にあったパネル地で作ったので、小さいしちょっとぼやっとした感じ。

今度パネル地の良いのを見つけたらまた挑戦してみようと思っています。

バイアスをミシンでやったら失敗してしまって、ちょっと人にあげれない(^_^;

と言うことで自分のコースターにしようと思っています。

大きさは4 3/4インチ角(約12cm角)です。

Daisy デイジー(9/18)前にT-Quilterでアップリケをしようと思った時に使おうと思っていたデイジー。そのときは四つを組み合わせて作るつもりだったんだけど、なぜか気が乗らず、結局くまちゃんのアップリケのものを作ってしまいました(2002年12月のタペストリー)。

急にまたチャレンジしたくなって今度は一つだけでデザインしてみました。

ゲストバスルームのシャワーカーテンがブルーのデイジー柄なので、ブルーとデイジーを使ってみました。

布が少し余ったので、ついでにトイレットペ-パーのカバーも…。

そう言えば、アメリカってトイレットペーパーのホルダーって見かけない…。

ちょっとぶりぶりの布を使ってしまったかな??

制作日数:5日間。やればできるもんだ(^_^;

大きさは20×16インチ(約52×43cm)です。

Sampler サンプラーキルト(9/11)(カードトリック、オハイオスター、モンキーレンチ、おばあちゃんの扇)アメリカに来てはじめて取ったキルトクラスで習ったものです。

ビギナークラスで最初に製図の仕方、道具の扱い方、TOPの仕上げ方など5回にわたって習いました。

ただ、やはり5回だけのクラスなので、ブロックをつくり、TOPを仕上げるっていうのが精一杯で(毎週宿題が出ました)キルティングまでは行きません。TOPを仕上げたのは丁度2年前仕上げるのに2年もかかってしまいました。

キルトラインをたくさん入れているとか、こっているとかまったくそういうことはなく、ただ単にサボっていただけです。

同じ布を使ったクッションは作品の2002年の所にありますので、よかったら見てくださいね。

色的には気に入っているのですが、今となったらこう言った布使いはあまりしないだろうなって感じです。

う~んそれにしても歪んでいる(^_^;

大きさは38×38インチ(98cm×98cm)です。

bag ちょっとお出かけショルダー(7/25)何時もドラマなどを録画して送ってくれる友人にお礼の意味を込めて作りました。彼女のイメージに合わせ、柔らかいグリーンと可愛い30年代のリプロダクション(復刻柄)の布を使用しました。中の布は、下のミニチュアキルトのバイアスに使っている黄色い布です。

Presentsに紹介しているM姉さんから戴いたバックをお手本にちょっとアレンジ(大きさを変えています)して作りました。

持ち手はなかなかこちらでは手に入れることができないのですが、pinkyhiroさんに戴いた持ち手があったので、これを使用。お花がポイントになってなかなか良い感じになりました。

バック本体の大きさは9.5×6.5インチ(23.5×14.5cm)で、これにまちがついています。

GG グリーンガーデン(7/19)と名付けたこの2枚…大きさは、左 9×9インチ(約23cm)、右 6.5×7.5インチ(約17×18.5cm)です。ピースワークはバイアスストリプスと言う手法を使いミシンを使用して縫いました。

左はWindmillと言うパーたんです。

ピースの部分には2種類の布を使用しているのですが、似ているのでわかりにくいかもしれませんね(^_^;

実は今作りかけているバックの残り布を使用しています。

布は、Modaの30’s Playtimeと言う30年代の復刻版プリントを使用しています。

Baby よだれかけ(7/15)Sewingグループのメンバーの一人に待望の女の子が生まれたので、よだれかけを作ってプレゼントすることにした。実は同じものをZanさん(いつもこのHPに遊びに来てくれている)にも同じものをプレゼントしたのだが、そのときとステッチの糸を変えてみた。

Zanさんへのプレゼントは他のものと一緒に写真を撮ったので、Bear’s TalkにしかUPしなかったのですが…。

ハートの部分には、YLI社のCOLOURSのPRIMARYS(1)を使用しています。これはコットン100%の段染めキルト用の糸で、まわりのステッチはJCA社のPERSIAN

YARN(Color 4)と言うウール100%の段染め糸を使用しています。(こちらはニードルポイント用として購入しました)

Jbag カッティングマット用バック(6月6日)4月に日本に一時帰国した時に、うちのHPに遊びに来て下さっている若菜さんとオフ会をしました。その時にブロックを二つ戴いたので、何か形にしようと考えていました。

T-Quilterで他のメンバーがバックを作っていたので、遅れ馳せながら私も作りました。

戴いたブロック2枚を繋ぎ合わせ、ポケットにしました。ブロックを目立たせたいからこちらの面は他に何もしませんでした。

裏面はこんな感じで刺し子とキルティングラインを入れています。出来あがりサイズは持ち手をのけて縦19×横24インチ(48×61.5cm)です。持ち手は肩からかけれるようにかなり長くしています。

Jbagu

B0305_1 折りたたみバック(5月6日)母親の誕生日プレゼントです。今年もバック…。

今回は折りたたみ式にして買い物に持っていけるものにしました。

ハナミズキはNCの州の花。

真中の部分は去年、猫の手さんから頂いた布が

偶然カージナル(NCの州の鳥)の模様だったので、

今回使わせていただきました。

キルトラインは、花びらのところだけと言う超簡単なものなのに、

かなり時間がかかってしまいました。

途中日本に帰ってたりしたからな~

柴田あけみさんの「カントリーキルト便り」の中の

作品を参考にさせていただきました。

(持ち手のサイズや裏布をつける等ちょっと加工してあります)

B0305_2

box きゅーぶボックス(2月13日)OLIVIAふぁんくらぶの主催者猫の手さんが、オリビアのきゅーぶボックスを作ってらっしゃってて、あまりに可愛かったので、作り方を教えていただいて作りました。

オリジナルより少しサイズを大きくしたせいか、はたまた柔らかいきると綿を使ったせいか

ちょっとふにゃふにゃした感じです(^_^;

一番の原因は私の腕なのですが…。

ちょっとずるして、上のくまちゃんは、カード用のシールを縫いつけました

バレンタインに中にチョコ(スターバックスのコーヒー豆チョコとヌガーを買いました)を

入れて渡すために、慌てて作りました。

サイズは4インチ×4インチ×4インチ(約10cm)です。

MiniFG ミニチュア(用!?)Flying Geeseのタペ(2月3日)一度ミニチュア(ドールハウス)を作ってみたくて、そこに飾るキルトを作りたいと思っていたところ、marcieさんのところでMiniature Quilt Clubと言うのを発見しました。

参加しようと思って大急ぎで作ってみたのですが、

ミニチュアキルトって30インチくらいのキルトを指しているみたいです。

と言うことで単なるミニチュア用のキルトになってしまいました(^_^;

ついでにシェルフも作ってみました(って、グルーガンで貼りつけただけなんだけど…)。

キルトの大きさは、縦5 3/4″(約14.5cm)横 4 3/4″(約12cm)です。

キルトラインは、色の三角形の中とボーダー部分に1本のみ入れています。

近くでは見ないで~状態です(^_^;

 lun1 和!?のプレースマット(1月18日)T-Quilterの課題でランチョンマットを作ることに…。(ぶーちゃんに言うとプレースマットと訂正されてしまいました)

一昨年の誕生日に日本の友達から送ってもらった布を使って作りました。

ワンポイントに刺し子を入れてみました。

キルト綿は入れないで、周りのピースワークと中央の布の間にのみ

落としキルトをしました。なので、ちょっとぷかぷかした感じです(^_^;

大きさは15 3/4×12インチ(約40×30cm)です。

Olivia3Olivia4 OliviaのWelcomeミニタペ(1月13日)猫の手さんの企画「OLIVIAふぁんくらぶ」に参加し、オリビアのモチーフで何か作ることになりました。

ゲストルームのドアにWelcomeタペを作ろうと苦手な刺繍に挑戦してみました。

刺繍は思ったより楽しかったです。

オリビアはIan Falconerの絵本の主人公で6歳の子豚ちゃんです。

図案は2003年のカレンダーを参考にしています。

オリビアの刺繍はSHEEP’S SILKのCamel(ウール50%、シルク50%)を使用しています。

Welcome部分は、Water Colorと言うコットンの糸を使用したのですが、

文字がはっきりしないとぶーちゃんに言われたので、後から刺繍糸で縁取りました。

2002年に作ったくまちゃんのタペストリーに雰囲気をあわせるために、

2つ同じ生地を使用しています。(すべてModaに布を使用)

大きさは11×11インチ(約28cm)です。

Sheep2 羊のミニタペ(1月11日)キリ番Get様がお二人いらっしゃったんで、急遽もうひとつ作成しました。耳と足を明るい茶色に変えただけで、ちょっと雰囲気が変わりました。

キルトも糸の色を変えてみました。

 Sheep 羊のミニタペ(1月5日)キリ番Getのプレゼントとして作成しました。羊のデザインは、ビアンフェのNo.15 Winter(Design:Kaoru Emoto)から頂きました。

アメリカのクラフト用のフエルトは硬いので、持っていたウールのバティング(キルト芯)を

胴体の部分に使いました。

大きさは8.5インチ×8.5インチ(約22cm角)です。

クリックしていただくともう少し大きな画像が見てもらえます。